ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

からかう

以前テレビで次世代に残したい方言でナンバーワンになった甲州弁『からかう』

紹介映像では 手術を終えた医師に家族が様子を伺うと

『難しい手術だったけど みんなでからかったから大丈夫です』

と答えて 家族が???っていうものだったけど

普段使っている方言とはちょっと違うような・・・

使い方 ニュアンスとしては間違いじゃないと思うけど

『からかう』って使う時って ほとんどが手こずっているとか出来ないとか ダメだったってことの方が

多い傾向があるような気がする

かなりからかったけんど ダメだっとォ

もうちっとからかってみるじゃん

幾年もからかってるだに いっさら出来んしのこんをからかうじゃなねエよ
スポンサーサイト
 
 

おんにィ

久しぶりに出かけたショッピングモール

特に目的はなかったが ブラブラと散策

母の日が終わり 各テナントには父の日のPOPやコーナー

平日だというのに意外と買い物客がいた

楽器店があったので 迷わず入店

管楽器やDTM デジタル関連をしばらく眺め 楽譜や関連書籍を立ち読み

店員と雑談をして 時間つぶした


楽器店を出ると あとはオヤジにはあまり興味のないテナントばかり

いいなと思ったのはコーヒーのいい香のする専門店くらいだった

エスカレーターを探しながら歩いていると

『いらっしゃいませ どうぞ』

と ミニスカートのかわいいネエチャン

???

えッ???

そこはどう見てもブティック  スラっとしたワンピースや可愛らしいドレスが並んでいる

なんでこのオヤジを案内したのか??

完全に無視するのも悪いんで 会釈してスルー

なんだか嬉しいようなへんな気分だった


おんにィ声かけとってだめずら?


 
 

め~ん

日本列島を覆う超強力な寒気団の影響で冷え冷えの日々

大学入試センター試験が実施される今週末は極度に冷え込み 天候も荒れ模様のようだ

受験生にとっては非常に厳しい状況での受験だけど いい結果が出るように全力でがんばってほしい

さて 年が明けたと思ったら1月ももう半ば オヤジは年末から年始は忙しく仕事していたから

年越しだの正月なんて気分は全くなかったけど みなさんはいかがでしたか?

初詣なんていきました?

初詣でといえば 神様に願いを届ける絵馬

健康や合格などさまざまなお願いを書き込んである

我が家でも子供が受験の年には願いを書いて吊るした

その時 ついつい見ちゃうのが他の人の絵馬

結婚したい 彼氏が出来ますように 頭がよくなりますように・・・・

センター受験生で『センター6割』ってのがあって 6割でいいんかい!とカミさんと突っ込んだ記憶がある


そんないろいろな願いを書き込む絵馬だけど 最近ちょっと変化が起きているらしい

自分の願いを見られたくない 住所や名前を知られたくないとの理由から

絵馬に個人情報保護シールを貼る神社があるらしい

確かに絵馬には住所や名前など個人情報が書かれている

覗き見したオヤジのように 願いをみる参拝者も少なくないはず

そこで導入されたシールなんだろうけど 貼ったら神様に願いが届かんじゃんと思ったけど

神様だから貼っても見えるんだろうね

あくまでも俗人間に覗き見されないようにって理由なんだよね


 こんなもん貼ったら め~んじゃね




 
 

しょうずけちめエし

職場に納品にくるトラック運転手のオッちゃん

ウィークデイは別のルートを回っているいるらしく 来るのは週末

だから会うのは1週間に1.2回 オヤジのシフトによっては2週間 それ以上に会わないこともある



そんなオッちゃんとオヤジの不規則な関係(?)

久しぶりに訪れたオッちゃん 見ると左足を引きずっていた

『脚ョどォしたでエ?』

そんなオヤジの問いかけに

オッちゃんの答えは

『ももっこぞォが痛くてよわっちゃっとォ』

オヤジより遥かに年上のオッちゃん 定年はとっくに過ぎていてる

それでも働けるうちはと頑張っているようだけど 段々と身体に無理が出てきたようだ

脚を引きずりながらも納品作業をするオッちゃんを手伝いながら

『しわい小僧だね ちっとしょうずけちめエし



『だめんエ 俺んしょォずけられてて』

わからない人は まったくわからない会話だけど オヤジ流コミュニケーションの一部なんです


 
 

ほォしろば

このところ頻繁に発生している高齢者の運転による交通事故

店舗に突っ込んだり 登校中の小学生の列に突っ込んだり そしてそれに巻き込まれて亡くなったニュースを聞くと

やり切れない気持ちになる

ここ数年 高齢者の運転免許の自主返納運動が進んではいるが 車がなくては生活出来ない地方では

なかなか簡単にはいかない

山梨も車社会なんで 周りにも相当な高齢だけど運転をしなければならない人はたくさんいる


報道される事故ニュースでは 原因のほとんどがアクセルとブレーキの踏み間違い

高齢で運動神経が鈍っているうえに パニック状態になって・・・

各自動車メーカーが自動ブレーキシステムを開発 搭載されている車種はあるものの

ごくごく一部で 普段見かける車はほとんど搭載されていない

なかなか難しい問題だけど 痛ましい事故が起こらないためにもなにかしらの対策は急務ですね

いっそのこと高齢者のオートマ運転禁止 やむを得ず運転するならミッションにしたら?

ほォしろば 踏み間違っても暴走はしんからね
  

image1 (5)

 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。