ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

こっちん

ネットで”甲州弁”が話題になっている
どうやらテレビ『月曜から夜ふかし』で特集されたのが原因みたい
以前同番組のブサイク方言選手権で№1に選ばれその第二弾として取り上げられ 中でも「あなたこっちに来なさい」を甲州弁では「おまん こっちんこおし」と言うと紹介されたことで”卑猥”だとか”すげ~”とネットユーザーの注目をあびている

注目されるのは嬉しいけどちょっとこのフレーズ???

『こっちんこおし』とオヤジは言ったことは一度もない
言うとすると『こっちぃこおし』だ

でもって『こっちん』を使うんじゃあ

交通事故が起きたとしよう
で 警察が来て現場検証する時

当事者A 『どっちん悪ぃでぇ?』

警察 『待ってろ いま調べるから でBさんの方の信号は青だった?』

当事者B 『おんの方は青だったよ』

当事者A 『おんのほうも青だったよ』

警察 『両方青っ<つうこんわねぇら?』

当事者A 『あっちん嘘言ってるだよ!』

当事者B 『ねんでぇ? こっちん悪ぃっつうこんけ?!』

警察 『まあまあ・・・』


こんな感じだよね

こちら側=こっちぃ であって こちら側=こっちん じゃない
だから月曜から~でのこっちんこおしは違和感を感じる(”こちら側が来なさい”になる)


”おまん こっちん~”のフレーズで視聴者を煽るつもりだったんだろうけど

どうせなら合コンで男二人が目の前に座っている子とちょっと離れたところに座っている子を物色中の会話で

おまん こっちんいい? あっちんいい?

せめてこんな紹介してくれたらよかったのになぁ


うっち~の甲州弁研究所
 







 


スポンサーサイト
 
 

ちょびちょび

朝晩に冷え込みが厳しくなってきた
雨にも負けず風にも負けずバイクで通勤のオヤジにとってはこれからが大変な季節
でも頑張ります だって家の車はカミさんと娘が乗ってて空いてないんですもの。。。

そんなオヤジが朝信号待ちしてたら 渋滞の車の脇を追い越して来た大型バイクの兄ちゃんがオヤジの斜め前に入ってきた

おっ新車だね

まだピカピカのホンダCB1300 見たことないカラーリング マフラーも2本出しで金かけてある!って感じ

オヤジの視線を感じたのか兄ちゃんはミラー越しにチラチラと見てきた

でもって自慢したかったんだろうね 信号が青になるやいなや

カチッ(ギヤを入れる音)ブオ~ン

アクセルを軽く吹かし 急加速

ハンドルを左に切ったと同時にギヤを変えてアクセルを回した。。。次の瞬間後輪が横にズレ 車体が振れた

あわわわわ(と言ったかどうかはわからないけど)フラフラと揺れる車体をコントロールするのに必死の兄ちゃん

なんとか転倒は免れたものの あのまま転倒してたら対向車にぶつかって大事故になっていた

兄ちゃんよ そのバイクの良さもパワーも十分わかった 

でもね あんまりちょびちょびしてると痛い目に遭うよ

安全に乗ってこそバイクの楽しみがあるんだからね


うっち~の甲州弁研究所



 
 

でんでんできん

秋空の下 近所の公園にフラフラと行ってきました
芝生広場では年配の方々がグランドゴルフを楽しんでました
ゲートボール同様それぞれが自前のスティック(クラブ)で元気にプレーしてました

しばらくベンチで見ていたら隣のベンチにゴルフの休憩でやって来た3人のお爺さん

「あ~ったり~ 一服だ」

「きょうはえらくぬくといなぁ」

山梨じゃ普通の会話です

それから何やら世間話をしていた3人 聞くつもりはなかったけど聞こえちゃいます 何しろ声がデカイもんで・・・

で どうやら知り合いに用事があって連絡しているんだけどなかなか連絡が取れないっていう爺さん

「俺ん電話してるだけんどいっさらできんだ いくどしてもでんでんできん!」

何気に聞いていたけどおもしれぇ言葉です

連絡取れないことでかなり苛立ってた爺さんだけど 相手は”でんでん虫”。。。なわけねエよな




もっと甲州弁⇒うっち~の甲州弁研究所


 
 

新たにスタートしました

これまでお楽しみいただいていました「今日の甲州弁」をこの度新たに「ほ~え~ば甲州弁」として新たにスタートしました
「今日の甲州弁」同様よろしくお願い致します

なおこれまでの「今日の甲州弁」はこちらで御覧ください
 
<- 10 2012 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login