ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

おもっせ

2012年もいよいよ終わり
社会的にも個人的にもいろいろあった年でした

サイトの運営は不定期更新でしたがまあまあだったでしょうかね
もう少し定期的な更新が出来ればと思ってはいるんですけどなかなか出来ないのが現状
2013年は定期更新が目標。。。あくまで目標ですけどね

ゲストの皆さん 1年間ありがとうございました
新年2013年もよろしくお願いします


そうそうオヤジのところではあまり言いませんけど今日は大晦日

おもっせ でっせ

ちなみに昨日はこもっせでした
スポンサーサイト
 
 

ひんまっがてる #kosyuben

無題5
息子を学校に送っていた時のこと
校内に入り送迎指定の場所で息子を下ろして帰ろうとした時 ふと目に留まった立て看板
校内での事故防止のための看板だったけど よ~く見ると微妙に『速』の文字が

ひんまっがてる”のに気がついた

意図的なのか 偶然なのかはわからないけど ジワジワと来る違和感。。。キモチんわりぃ
 
 

きっぽし

        無題12
冬といえば”みかん”をイメージする人多いと思うけどオヤジは”干し芋”をイメージします
亡くなった祖母がよく食べてたからなんでしょうかね

その干し芋 実はカミさんの好物でもあります
生産量は茨城がトップで約90%を占めているらしいけど 発祥地はお隣静岡県
その呼び名も静岡では『芋切り干し・芋切り』茨城では『乾燥芋』と呼んでるそうです
余談ですけど茨城・ひたちなか市で開催される”全国勝田マラソン”の参加賞は干し芋『完走いも』なんだそうです
全国では『干し芋』が一般的です

時々カミさんがこっそり買ってきて一人で食べてます(輸入モノが多いですけど)
オヤジは嫌いじゃないけどあんまり食べません

食物繊維をたくさん含み天日で乾燥された注目の自然食品の『干し芋』

山梨じゃきっぽしって言うんですよね~

皆さんは食べます?
 
 

えらい

12.gif
TVドラマの金八先生がよく言っていた”人という字は支えあっている”
オヤジはありゃ片方だけが支えていてもう片方は支えてもらってるじゃんと思うんだけどこういった漢字にまつわる話は時々耳にする

『儲ける』というのは信者(ファン・客)を増やすことであると言った事業家がいた
実際に信者を集めて儲けている宗教団体もあるけど確かにこれはうまい言葉だと思った 

ほかにも漢字の話はあるけど『辛(い)』に横棒の『一』を足せば『幸(せ)』になる これもよく聞く話

落ち込んだりしている時には心に響くポジティブな言葉
がんばろう!ってキモチになれるんだろうね

逆に『幸』を感じている時にちょびちょびしてると『一』を引かれて『辛』になっちゃうってことも言える

でも問題はこの『一』をどこから持ってくるのか?
不倫や略奪愛のように他人の『幸』から取ってくるわけにはいかないし結局は自分のキモチ
足すのも引くのも自分次第ってことなんでしょうね

オヤジにしては珍しく真剣に人生論めいたこと考えてみたけど甲州弁だと

辛い=えらいだからこの話できんだよね~残念!

#もっと甲州弁⇒ うっち~の甲州弁研究所
 
 

けえがら

カボチャ、ネギ、ジャガイモ、ハクサイなど野菜や肉を多く入れ
幅の広いめんを生のまま味噌で煮込んだ山梨独特の郷土料理『ほうとう』
山国甲州には水田が少なく お米は貴重な食べ物だったのでかわりによく食べられたらしい

武田信玄が陣中食としたという話もあるけど その由来は中国から禅宗とともに渡ってきた「飩(はくたく)」とのこと

仕事を終え寒さの中バイクで帰宅したオヤジ 
迎えてくれたカミさんが作っていたのはほうとう
鍋からほうとうをよそっている様子見ていたらふと亡くなったバアちゃんのこと思い出した

そしてよく言っていた けえがら が蘇った

おたまのことだけど何故そういうのか? おもしれぇ言葉だな


 
 

こせ~た

無題11
甲府市にある山梨県地場産業センター『かいてらす』に行ってきた
山梨が全国に誇るジュエリー・ワイン・印伝・ネクタイ・甲州銘菓等県下一円の地場 産業品を一堂に集め 展示販売されている
中でも目玉は”宝石の街”を象徴するかのようなボーリングの玉ほどの大きさ水晶玉 お値段なんと3億円
しげしげと見たけど見事なまでの透明感 オヤジは占い師じゃないから何にも見えなかったけどあれで占ったら何でも見えちゃうのでは?(んなわけね~か)

そして現在開催中のワインフェア
日本が世界に誇るワイン産地・山梨 
現在80社余のワイナリーが集中する国内最大のワイン生産量を誇っている
新酒ワインというと11月第3木曜日解禁されたフランスブルゴーニュ地方のボージョレー・ヌーボーがイメージされるけど山梨にだってヌーボーがある
ボージョレーよりも早い11月の第1土曜日に解禁された甲州種とマスカット・ベーリーA種で造られている『山梨ヌーボー』


あいにくアルコールが全くダメなオヤジは飲んだことないけど山梨の大地とつくり手の想いが育んだ“感謝と喜びの結晶”の山梨ヌーボー 一度お試しあれ

こりゃあ今年こせ~たワインだよ
 
<- 12 2012 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login