ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

おやてっとぉ

辺りはすっかり”秋” バイクで走っても気持ちイイ季節になりました
先日は息子と忍野八海にツーリングに出かけたけど 世界遺産登録の影響もあるんだろうけど平日でも観光客でいっぱいでした
まだ少し汗ばむ日はあるけど 陽気もよく旅行やお出かけもしやすいし これから紅葉の時期
あちこち出かける人は増えるんでしょうね

さて近所の田んぼでは黄色く色づいた稲を刈りだしました
”ウシ”と呼ばれるヤグラに稲をかけ乾燥させ そして数日後稲こきが行われるんです
もうすこしで”新米”が食べられる 楽しみです

ところで稲刈り 稲こき作業ってけっこう大変なんですよ
埃っぽいというかなんというか
でも家族や親戚 近所の人達がお手伝いに来て こんな会話交わしながらやってるです(たぶん)

『夕方までに稲刈り終わるらか?』
『あと1め~ばか たえね~じゃん』
『ほ~かな~ ほれじゃ~いいけんど』
おやてっとぉが こんねんいるだもん がんばってやっちも~っさよ~』


✩うっち~の甲州弁研究所 ⇒ おやてっとぉ








スポンサーサイト
 
 

ぼこ

このほど文科省は省内の公用文書の「こども」の表記を漢字書きの「子供」に統一することを決めた
これまで「子供」は「供」という字が「お供え物」「お供する」などを連想させ 差別的な印象を与えるという理由で「子ども」と記されることが多かったが子供と表記しても大人の「お供」のような否定的な意味はないと判断し公用文書は漢字表記との原則とすることを決めたそうだ
ただしこれはあくまで文科省内での公文書に限ってのこと メディアでは「子供」「子ども」どちらも記されている

どっちの表記でもオヤジは問題ないんだけど 山梨県関連の公文書は「子供」も「子ども」も両方やめて

ぼこ」にします!なんてことになったら・・・・・いいんだけどねぇ

 ✩うっち~の甲州弁研究所  【ぼこ

 
 

いびってる

TBSドラマ『半沢直樹』と共に高視聴率が話題のNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』
9月28日でいよいよ最終回を迎えるけどどういう結末になるんだろ?楽しみです

ところで劇中時々登場する若き頃の天野春子 アイドルを目指して東京に出て行った設定だけどあの髪型は松田聖子?小泉今日子?何れにしてもあの当時はみんなあんな髪型だったよね 
そしてスカート丈は今と反対に長~いのが流行った

そんな中で同級生のカミさんはというと普通の髪型でスカート丈も長くもなく短くもなく普通
ごくごく普通の高校生だった

で そんなカミさんと今朝『あまちゃん』見ていて 若き春子登場のシーンで

『そういやあの髪型しなかったね』

って言ったら

当時登校時間ギリギリまで寝ている方がよかったらしい現在ドライヤーなどいらないほどショートカットのカミさん

『朝 ドライヤーなんかいびってる時間なかったからね』

だって

ん~なるほど納得


     ✩  ✩  ✩  ✩  ✩ 


余談だけど 天野アキがGMT脱退後に加入したメンバーのベロニカ 設定ではブラジル人と山梨県人のハーフなんだって


   ✩うっち~の甲州弁研究所 【いびる
 
 

おぼこさん

先日フラフラと一人 ツーリングに出かけた
小学生時代 友人と自転車で出かけた白州方面に向かった
道路状況はだいぶ変っていたけど 当時とほぼ同じコースを辿ってみた

今思えば無謀だった 土曜日学校から帰ってから(あの頃は週休2日じゃなかったんです)出発
目的もなくどこまで行けるか・・・ただそれだけだった
途中パンクしてリタイヤした友人もいたが 結局白州のサントリー醸造場まで行けた
そこで守衛のオジサンが
『おまんとぉわ どっから来たでぇ?』
『櫛形から』と答えると
『よく来たねぇ!』と
見学時間はとっくに過ぎていたけど折角だからと少しだけ見学させくれた事を思い出した

ツーリングはそこから長野・霧ヶ峰 車山まで走ってきたけど 平日の一日
観光客も殆どいない高原の景色 空気を楽しんできた

その帰り 韮崎市円野地区の農道沿いでカカシを発見
地域のイベントのようだったけど 世界遺産に登録された富士山をテーマにしたものやDJポリスなど今年話題になった人をモチーフにしたカカシが並んでいた
その中で”大賞”に輝いた養蚕農家の作業を表したカカシ
昔この地区を支えたいた養蚕業 桑を与え繭をとりそこから糸を紡ぐ作業の様子が見事に表現されていた

養蚕。。。蚕
あの姿 今は引退した新幹線0系と被っちゃうんだよねぇ



おぼこさんに似ていんけ?

kakashi.jpg
 
 

からかって

巷ではスマートフォンが大人気 若者は勿論だけど職場でもオヤジより年上のオジサンまでもが指をヒュイヒュイ
ニュースではiphone5C/5S発売でDOCOMOが参入とやらでますます人気に拍車がかかりそう
オヤジも欲しいには欲しいんだけどイマイチ思いきれずしぶとく(?)ガラ携帯 パカっと開けて電話・メールをしてます

ところがそのガラ携帯 昨日メールしようと打っていたら文字選択キーがポロッ・・・よく見ると他のキーも浮いていて今にも落ちそう
こりゃまずい まだ使う気でいるんだから壊れちゃ困る なんとかせねば。。。。いろいろ考えた結果 セロテープで貼ってみました なんとかキー操作もできるし とりあえずまだ使えそう
これでまたスマートフォンが遠くなりました どこまで粘れるか 貴重なガラ携帯ユーザーオヤジの挑戦は続く

いろいろからかってやっとなおっとぉわ



無題7

 
 

にいしく

2000年 甲州弁と言えば『のぼる爺さんの甲州弁辞典』(現在は閉鎖?)が超有名でした

ふとしたことでアマチュアバンドのサイトを管理することになりそのサブコンテンツとしてあった甲州弁辞典が拙サイトの原点
バンドのサイトを更新する傍ら甲州弁辞典の拡大に必死になり2004年甲州弁辞典として独立 2度のリニューアルの末2009年現在の『うっち~の甲州弁研究所』に改名
その後3度リニューアル コンテンツも増えゲストの皆さんに支えられながら進化してきました
お陰様で検索サイトでは上位に入り これまで2度テレビでも取り上げてもらいました またお隣長野県の新聞でも取り上げられ『のぼる爺さんの甲州弁辞典』を追い越せ!が目標だった拙サイトも甲州弁愛好家の方々の役にたっているのかなと感じています

2000年9月11日から13年 改造作業約半年をかけついに6度目のリニューアルオープンしました
ページ数も200を超え 途中ホント嫌になって止めようかと思いましたが なんとか完成にまでこぎつけました

コンテンツ内容も刷新し ゲストの皆さんにも楽しんでいただけると思います

これまで以上にご愛顧のほどヨロシクお願いします


またにいしくなっただよ~


   ⇒うっち~の甲州弁研究所





 
 

うてげえしするじゃねぇ!

TBS日曜劇場『半沢直樹』がおもしろい
バブル末期に大手都市銀行に入行した半沢直樹が銀行内外の人間や組織による数々の圧力や逆境と戦うんだけど 善人と悪人がハッキリしていてキャスティングも絶妙で感情移入しやすく久しぶりに”時間を忘れる”ドラマ 
また上から目線でスカッとしていた【水戸黄門】や【大岡越前】と違い下から目線で上をギャフンと言わせる爽快感が気持ちいい

『やられたらやり返す!倍返しだ!』『10倍返し』は流行語大賞にもノミネートされるんでしょうね

現実的には上司にあれだけの口利くのは無理だろうけど 誰もが描いている理想像
一度は言ってみたいよね
まあそれなりに実力・実績が伴わないといけないんだけど・・・

たとえ言えたとしても

うてげえしするじゃねぇ!

ガツンと言われてショボン。。。。。これが現実だろうな
 
<- 09 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。