ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

からもん

ムシムシと暑い日が続いている
昼間は学校や市営のプールでは夏休みに入った子どもたちの歓声が聞こえ
夜遅くにコンビニの前や公園などでも子どもたちを見かけるのも夏休みならではのこと
今さっき(深夜1時30分)も近所を数台の原チャリが爆音鳴らしながら通って行った

先日仕事帰り(深夜)にチョっと寄ったコンビニ
駐車場に数名の中学生が屯していた
中で特に目に止まったのは一台の自転車
ハンドルは鬼の角のように上向きに絞りこまれていた
荷台には・・・・なんと日の丸国旗
????

最近じゃ祝日に玄関に日の丸掲げる家も珍しいのに 自転車に日の丸とはエライじゃん。。。とはいっても祝日じゃなかったけどね
彼にとってあの日の丸は何の意味があったんだろ?

立ち読みをチョットしてジュースを買ってオヤジがコンビニを出ると同時くらいにさっきの中学生たち 自転車に乗り帰る(?)ところだった
注目の日の丸君は?  お~茶髪かぁ 服装もそれなりだった

♪ブンブンブブン♪

口でバイクのコールを真似し始めた日の丸君 しかも右手も声に合わせて動かしていた
いきなりの行為にオヤジは笑いをこらえ 彼らが駐車場から出るのを待った
原チャリに乗りたい?暴走族に憧れているか? そんな年頃だもんな

また日の丸君に会うことがあったら いいコトを教えてあげよう

『おまん からもんのペットボトルつけろばいいじゃんか』  ってね





スポンサーサイト
 
 

ちんたら

先日仕事帰りのこと
遅番だったので会社を出たのが午前2時過ぎ
いつもの山梨環状線の入り口ランプを上り 本線に入ると一台も車は無く貸切状態
それでもパトカーでもいたらヤバイと制限速度で走行していた
しばらくすると遥か前方に数個のテールランプ しかもフラフラと蛇行している
車にしちゃおかしいな?

だんだんと近づいて見るとなんと原チャリ暴走族
おいおいここは環状線 125cc以下のバイクは走れないんだぞ
と言っても彼らに通用するわけがない しかもこの時間帯でこのガラガラ状態
15,6台が群がって走行している 数台には後ろにオネ~ちゃんが乗っている
2車線を完全に封鎖 時速30km出てるか出てないかくらいの速さ
みんなしっかりとヘルメットを被り原チャリ時速制限の30kmのを厳守している

なかなか関心じゃなんて半ば強引に正当化し後に付いたけど イヤイヤ違う!ここは走っちゃダメだぞ
蛇行運転 二人乗り・・・
そんなオヤジの呟きが聞こえたんだろうか
一斉に左側に寄って道を開けてくれた

そんな彼らにオヤジは礼を言うどころか あろうことか追い越し際に

ちんたら走ってんじゃね~よッ!』

聞こえたかどうかは・・・・・定かではない


 ★うっち~の甲州弁研究所 『ちんたら
 
 

くっちゃいで

山梨が誇る生産量日本一の『桃』
県内の産地では出荷を迎え 毎日共選場で選果され全国に出荷されている
現在は糖度 つまり桃の甘さは共選機に取り付けられたセンサーが測定しているようだけど オヤジが勤めていた頃(25年くらい前)は屈折率を利用した糖度計を使って測っていた
しかも抜き取りだから全部が全部甘いわけではない 甘さの測定が”甘かった”訳だ

共選場に持ち込まれる桃の中には出荷にはまだ早いと思われる桃を持ち込む農家がいた
しかも毎年決まっていて「またあの家け?」 
いくら言っても改めない 承知して出荷する有名な”しわい”農家がいた

『この桃 まだ若いら?』
『まだ色ん来ちゃいなぁ』

検査員や果実部の役員たちはあきらめムードで選果していたけど 配属1年目のオヤジ 一度注意したことがあった
すると

『ちっともぐン早かったけんど めをくっちゃいで引き取ってくりょし』

やっぱり承知していた
共選には通さず 個人出荷へ 当然値段は悲惨だった
せっかく作った桃が可哀想だった 
何故早く収穫するのか?
あと1.2日待てばいいものを・・・・

その後何度か指導した覚えがあるけど 結局変わらなかったなぁ
あの頃70歳くらいだった農家のオッチャン もう亡くなったんだろうな

畑で出荷を待つ桃を見て ふとあの頃を思い出したオヤジでした




 
 

のぼる

世界遺産に登録され 登山客が増えた富士山が山開きを迎えました
2月の大雪の影響が心配されましたが 例年通り7月1日を迎えたようです
今年は更に登山客が増えそうですね
そういえば任意だけど入山料1000円が徴収されるようですが 強制でもいいんじゃないですかねぇ?

さて山といえば『のぼる』ですが この『のぼる』 甲州弁では家にあがるという意味でも言いますね

ある家に東京から来た若い女性のお客さんが挨拶に来た時
玄関で迎えたのはお婆さん 一通りの挨拶が済み帰ろうとした女性に

『ここじゃあ何だからうえぇのぼれし

とお婆さん お茶でも出そうと思ったんでしょうね

すると若い女性はキョトン???

上に登る???
えっ?どこに?上?・・屋根?

『あ、あ、 あたし 屋根になんて登った事ないです しかも今日スカートだし・・・』

『はあっ???』

笑い話様な話ですが県外の方がいきなり言われると戸惑う方が多いようです
決して鳶職人や大工さんのように屋根に登るなんてことしなくて普通うに居間や客間にお邪魔すればいいことですのでご心配なさらなくて大丈夫です


 ★うっち~の甲州弁研究所  『のぼる』









 
 

のぼる

世界遺産に登録され 登山客が増えた富士山が山開きを迎えました
2月の大雪の影響が心配されましたが 例年通り7月1日を迎えたようです
今年は更に登山客が増えそうですね
そういえば任意だけど入山料1000円が徴収されるようですが 強制でもいいんじゃないですかねぇ?

さて山といえば『のぼる』ですが この『のぼる』 甲州弁では家にあがるという意味でも言いますね

ある家に東京から来た若い女性のお客さんが挨拶に来た時
玄関で迎えたのはお婆さん 一通りの挨拶が済み帰ろうとした女性に

『ここじゃあ何だからうえぇのぼれし

とお婆さん お茶でも出そうと思ったんでしょうね

すると若い女性はキョトン???

上に登る???
えっ?どこに?上?・・屋根?

『あ、あ、 あたし 屋根になんて登った事ないです しかも今日スカートだし・・・』

『はあっ???』

笑い話様な話ですが県外の方がいきなり言われると戸惑う方が多いようです
決して鳶職人や大工さんのように屋根に登るなんてことしなくて普通に居間や客間にお邪魔すればいいことですのでご心配なさらなくて大丈夫です


 ★うっち~の甲州弁研究所  『のぼる』









 
<- 07 2014 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。