ほ~え~ば甲州弁

ほ~え~ば甲州弁

日常の話題やニュースを甲州弁でピックアップ 更新は・・・不定期 気分次第です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

つべてぇら?

最近話題になってる「アイス・バケツ・チャレンジ」
ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究を支援するためバケツに入った氷水を頭からかぶるか またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をするってのが主旨
そして「アイス・バケツ・チャレンジ」を受けることを宣言してから バケツに入った氷水を頭からかぶり そして次にこのチャレンジを受けてもらいたい人物を2人から3人程度指名する
この様子を撮影した動画をFacebookやTwitterなどの交流サイトで公開してチャレンジ完了となる

指名された人物は同様に氷水をかぶるか または100ドルをALS協会に寄付するか あるいはその両方を行うかのいずれかを24時間以内に選択するのがルール
これまで運動参加者の中には各界の著名人や政治家も含まれており 寄付金の増加やALSの認知度向上に貢献しているようだが 批判的な意見も多い

確かに難病であるALSに感心を持つ事はいいことだと思うけど オヤジにはスンナリと受け入れない
と言うのは 実はカミさんの父親はこのALSを発症し亡くなっている

当時は協会なんて存在せず ALSという病名を知っている人は殆どいなかった(知っているのは患者と家族くらいほど)
そして病状もまだ今ほど研究されていなくて ただ筋力が落ちていくという病気程度の認識で義母はじめ家族は義父の闘病生活を支えていた時期があり ALSの怖さ 辛さは知っている
だからこそこの難病の研究が進み 一日も早く治療法が確立されることを願っている
その支援や認知度向上に繋がる運動ゆえに 歓迎すべきことなんだろうけど・・・

この「アイス・バケツ・チャレンジ」の動画を目にする時 違和感を覚えるのが次の参加者を指名するってこと
どうもチェーンメールのようで気にいらない
いや現代版不幸の手紙と言ってもいいのでは?とも思える

とあるラジオ番組でアイドルがこの「アイス・バケツ・チャレンジ」を知らなくて 『わぁ面白そう 私もやってみたい』
と言っていたように もともとの主旨とはかけ離れてただのパフォーマンスになってしまっている部分も否めない
サムスンに至ってはスマートフォンの防水機能アピールする機会としてチャレンジしたとのこと こりゃ完全にOUTだろ?

賛否両論のこの「アイス・バケツ・チャレンジ」
ALS協会は「強制ではなく ムリをしないように」との見解だけど 患者&家族の方々にはこの善意はどう受け止められているんでしょうかね?

『氷水被るだっちゅうじゃんけ?』
『てッ! ほりゃぁ つべてぇら?



スポンサーサイト
 
 

ひれ!

北海道・札幌で起きた事件
36歳の男性会社員が路上ですれ違った女性の脚に放尿して逮捕された

よくブツを出して捕まった話は聞いたことあるけど 放尿したってのは初めて聞いた
よっぽど脚が綺麗だったんだと思うけど 放尿とは・・・わからんねぇ 変態の考えは

そりゃ街で脚が綺麗だなぁって思うことはある
けどせめて振りかって見るくらい
放尿って発想は無い

で 逮捕された会社員は『他にもやった気がする』だって
気がするってコイツ その瞬間て覚えて無いくらい昇天してるのかいな
ますますわからん!

小便はちゃんと便所でひれ!



 
 

こて~さらん

仕事から帰り風呂に入って湯上がりの一杯 
飲めないオヤジにとっては憧れだけど ホント美味そ~なんだよね
グビグビグビ あ~美味い!
いつかやってみたいんだよなぁ 

先日 市営の溫泉に行った時 湯上がりに休憩室で休もうとしたら缶ビール片手にご機嫌で話すオッチャン2人組に遭遇
管内の自販機で買ったビールとおつまみで盛り上がっていた
話の内容は道路工事関係の仕事で連日の暑さがキツイだの 現場監督への不満やら酔も手伝い口も軽かった
声もデカイから聞くつもりは無いんだけど聞こえちゃう
もしその現場監督いたらヤバイよ と心配しつつオヤジはオッチャン達をウォッチング

『湯から出て飲むビールはこて~さらんなぁ』
『お~仕事の疲れなん忘れらぁ どォもう1本飲めや』
『おらぁへぇいいわ』
『ほォいいっこに飲めや ほんだけんどなぁ(以降 愚痴や悪口)」』
    ・
    ・
    ・
『飲めやれ』
『へぇいいわ』
『ほォいっちょ もう1本』


こんな調子で結局 4本づつ空けたオッチャン達
その間オヤジは牛乳1本で風呂に入った時間よりもオッチャン達に付き合った時間の方が長くなっちゃったのでした



 
 

くっついちゃった

北杜市・明野にあるハイジの村 アルプスの少女ハイジをイメージした花と幸せのテーマビレッジ
入口ゲートをくぐると異国情緒漂う石造りの街並みが広がる
ヨーロッパの農村地帯をイメージした園内には 高さ15mの展望台が建ち 天気の良い日は富士山や八ヶ岳・南アルプスが一望できる
ガーデンへ抜けるバラでできた230mの回廊は日本一と言われパノラマ花壇へと足を運べば 周辺は花の香りでいっぱい
太陽の日差しが心地よい花と光と緑の楽園
元々は山梨県が建設したものだけど 現在は信玄餅で有名な桔梗屋が委託運営している

そのハイジの村で先月末と今月始め 園内で飼育されている大型犬セントバーナードがお客さんに噛み付く事件が立て続けに起きた
現在 愛犬同伴入場は一時中止 飼育されていたセントバーナード6頭は長野県の施設に里帰りしたり 職員が引き取り園内からは姿を消したそうだ
愛犬家や犬との触れ合いを楽しみにしていたお客さんにとっては残念なことだけど 事故防止対策じゃ仕方ないよね

『ママぁ 犬はいないのぉ?』
『そう いないのよ』
『どうして いないの?』
『あのね ここにきたお客さんにくっついちゃったのよ だからいなくなっちゃったのよ』
『え?くっついちゃったの・・・・』

犬が人にくっつく・・・・想像するのは2パターン 1つは一般的なもの そしてもう1つは山梨県人のみ!



 
<- 08 2014 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ong

Author:ong
うっち~の甲州弁研究所管理人です

訪問者
.
現在の閲覧者数:
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。